2017年08月24日

逮捕と裁判のお話 01

これまでの大まかな流れを書きます。

森泉は2016年5月30日に私を刑事告訴しました。(2016年7月19日に内容追加で再提出)
告訴理由は、私がストーカー規制法第2条第1項第7号、「その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。」に違反したという理由です。

そして私は2016年7月に麻布警察署によって逮捕されました。
容疑内容は、このブログの2016年4月から6月までの書き込みのうち、18回分が森泉の名誉を害しているというものでした。
その後、起訴されましたが、起訴時には対象となるブログ書き込みは9回分に減らされました。

留置場と東京拘置所に合計で約90日間拘束されましたが、犬猫たちのようにガス室には送られず、昨年10月に保釈されました。
そして自分で大量の証拠を用意し、
「ブログは恋愛感情や好意の感情が満たされなかった怨恨で書いているのではなく、本の制作の約束を一方的に反故にされたビジネス上の恨みで書いているので、私はストーカーには当てはまらない」、
「9つの書き込みは森泉の名誉を害していない。著名人の行動を批判することは公益にもかなう。」と主張し、戦いました。

しかし今年、残念ながら東京地裁の一審(裁判官1人)で、検察の懲役6月の求刑に対し、懲役6月、執行猶予3年の有罪判決を受けました。


伊藤ゆう子裁判長は判決文の中で、このストーカー規制法第2条第1項第7号の解釈として、
「本号の「名誉を害する事項」とは、相手方の社会的評価を害し、名誉感情を害する事項をいい、事実を摘示することは要しないと解されるところ、相手方の知り得る状態に置くだけでも本号の行為に該当することからすれば、実際に相手方の社会的評価や名誉感情が害されることは必要ではなく、客観的にみて相手方の社会的評価や名誉感情が害されると認められるものであれば足りるというべきである。」
「公益性や真実性により犯罪の成立が否定されるものではない」
と判断しました。

動機に関しては、
私の「ブログ投稿理由は、本の制作というビジネス上の恨みであり、好意の感情が満たされなかった怨恨ではない」という主張に対して、
「被告人には、本の制作が打ち切られたことの怒りや恨みの感情があったことは否定されない」
「しかし被告人には、この企画の実現によってプロ漫画家になるという期待と、企画を共同で実現していく過程を通じて森泉とより親密になりたいという期待が併存していたことは明らか」
「被告人のブログ投稿は、恋愛感情その他の好意の感情が満たされなくなったことに対する怨恨の感情を充足する目的であった。同目的が存在する以上、他の目的が併存していたとしても関係ない」
と判断しました。

量刑の理由に関しては、
「本の制作・出版の企画を持ちかけたのは森泉であるが、森泉が会って打ち合わせをすることを提案したのに、被告人がそれを断っているので、法的合意が成立していたとは言えない段階であった。よって森泉が被告人との連絡を絶ったことを強く非難することは出来ない。被告人は反省していないが前科が無く、身柄拘束で制裁も受けているので執行猶予を付ける」
としました。


なんら付きまとい行為などしていなくても、元ファンだった人間が著名人の名誉感情を害するだけで有罪という判決です。
ストーカー規制法の下では、仮に書き込み内容が真実で公益性があったとしても関係ないという判断です。
もちろん高裁に控訴しています。

特に憲法や既存の法律と絡めて、「名誉毀損罪も侮辱罪も名誉感情など保護法益としていない。
いわゆるヘイトスピーチ規制法も名誉感情の侵害に刑事罰は設けなかった。ストーカー規制法第2条第1項第7号だけが表現の自由を著しく侵害する法律となっており、憲法違反ではないか」と。

ちなみに私が提出した証拠は、私と森泉のfacebookでのやりとり、といった物を除けば、一切採用されませんでした。
「この書き込み内容は森泉本人がテレビで言ったことをそのまま書いてあるだけです」という主張のために提出したテレビ映像なども採用されません。
民事と違い、刑事裁判では「証拠が採用されない」という恐ろしいことが行われています。


私は檻の中からマスコミ各社に手紙を送り、自分の逮捕を知らせました。法廷には記者の方も来ていました。

過去に、森泉と同じオスカープロモーション所属だった池澤春菜さんのストーカーが逮捕された時は大きく報道されました。
最近も、名前を聞いたことも無いレベルのアイドルのストーカーが逮捕されたというニュースはしょっちゅう聞きます。
しかし、現在に至るまで、私と森泉のことは一切報道されていません。

その理由は分かりませんが、少なくとも森泉の周囲のタレントはこのことを知っています。
今年1月25日放送のバイキングで、ストーカー規制法改正に関する話題を取り上げた時に、司会の坂上忍が「これ、だから・・・どうする? ・・・いや、泉ちゃんが今ねぇ」という風に森泉に振りましたから。
森泉は私とのことには触れませんでしたが。13時37分ぐらいのシーンです。



メアドです   moriizumisaibanあっと ジーメイル どっとこむ
ツイッターです  https://twitter.com/mori_izumi_love


morihikari at 23:44│Comments(0)ストーカー規制法 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字